事業内容

COBOLマイグレーション

「COBOLマイグレーション」は、オフコン(NEC A-VX)や汎用機(NEC ACOS)等のレガシーシステムをオープン環境に移行する最適な手法の一つです。
現行資産を最大限継承できるため、パッケージへの移行や再構築を行う場合に比べて、低コスト・低リスクで操作性及び運用性を大きく変更せず移行を実現します。

株式会社広島情報シンフォニーCOBOLマイグレーション 低コスト・低リスクで資産継承を行います。

オフコン(NEC A-VX)

2020年3月末日にサポート終了が決まっており、対応が迫られています。
COBOLマイグレーションを行うことで下記をはじめとしたメリットがあります。

  1. サポート終了の不安からの解放
  2. これまで投資してきた資産の継承
  3. 性能やセキュリティ、バックアップ等今までと同等以上の機能を選択可能
  4. 低コスト、低リスクでの移行を実現
  5. 操作性、運用性、ビジネスロジックの大きな変更はなし
  • 実績
    • オフコン(NEC A-VX)→Windows Server 2012 R2 / NEC COBOL Standard Edition

汎用機(NEC ACOS)

日々の運用コストや長時間化する処理時間に課題はありませんか?
COBOLマイグレーションを行うことで下記をはじめとしたメリットがあります。

  1. いずれ来る老朽化の不安からの解放
  2. これまで投資してきた資産の継承
  3. 性能やセキュリティ、バックアップ等今までと同等以上の機能を選択可能
  4. 低コスト、低リスクでの移行、日々の運用コストの削減
  5. 操作性、運用性、ビジネスロジックの大きな変更はなし
  • 実績
    • 汎用機(NEC ACOS)→Windows Server 2012 R2 / Micro Focus Visual COBOL