製品情報

製品情報

Adobe Sign

リモートワーク中でも社印の為に出社していませんか?

Adobe Sign 電子サインでどこにいても法的根拠のある契約締結・押印が可能になります。

電子サイン とは

◆◇ 紙からデジタルへ「契約にも有効な電子サイン」 ◇◆

電子サインには「電子サイン(立会人型署名)」と「電子署名(当事者型署名)」があります。これらは「本人性」と「非改ざん性」を担保する仕組みが実装されていることにより法的に有効性があるとされています。

  • 電子サイン(立会人型・証跡保管型)
    一般的な営業契約や注文・請書処理など広範囲な文書に利用可能
    利用者のメールアドレスや多要素認証(PW/SMS)と、署名依頼から署名完了までの履歴ログに基づき、「本人性」を確認。
  • 電子署名(当事者型署名) ※電子証明書が別途必要※1
    実印レベルの要件が求められる契約など、より高い法的証明力を必要とされる文書に利用
    双方が、認証局発行の署名者名義の「電子証明書」による署名をする必要。
    ※1:電子証明書ベンダーより別途電子証明書をご購入いただく必要があります 。

Adobe Sign による契約の流れ

署名依頼者:Adobe Signで署名文書登録
Adobe Signで署名文書を作成・送信します。
署名者:メール受信・確認・署名
受信メール内URLにアクセスし、内容を確認後に署名します。
ブラウザが認識できるデバイスであれば、どこからでも署名ができます。
署名完了通知
関係者全員へ署名完了通知メールが送信され、メール内URLから署名済みの文書やログ確認できます。
Adobe Signの一連の流れイメージ

署名依頼から完了までの契約における「一連のログを保管」することで、法的に有効な契約締結が可能となります。

Adobe Signのメリット

Adobe Signでデジタルドキュメントのプロセスを一貫して管理できます。

・ペーパーレス化紙文書管理負荷の軽減
・コスト削減印紙税が不要、郵送コスト削減
・BCP対策国内のクラウド上で管理
・契約締結の迅速化クラウド上で双方の確認・承認が完了
・文書作成の迅速化定型的な文書ならWebフォームにて作成
・契約状況の可視化現在の文書状況を確認可能(ワークフロー)
・署名環境ブラウザ、モバイル等様々な環境に対応
・多様な署名方法に対応 一方が紙での契約締結の場合やタブレットでの対面署名にも対応
・外部システム連携※2様々な業務システムとの連携が可能
※2:エンタープライズ版の契約が必要となります

プラン

ビジネス版』と『エンタープライズ版』の2種類をご用意しています。

ビジネス版

・10名以上での利用に最適なプラン

エンタープライズ版

・既存業務システムへの統合等、大規模な利用に最適なプラン

【Adobe Signご利用プラン比較表】
機能 ビジネス版 エンタープライズ版
電子サイン
電子署名
Megaサイン
2要素認証
シングルサインオン
Workflow Designer
×
事前統合
×
API
×
署名の委任
×

ライセンス

トランザクションライセンス

事前に必要なトランザクション数を購入して利用。管理者が指定した従業員であれば何人でも、購入上限数以内で署名依頼者権利を付与することが可能です。また、トランザクション数が足りない場合は、追加購入もできます。
・ビジネス版プラン(1~999L)の場合…1ライセンスあたり380円(税別)/年  

<トランザクションの定義>
署名プロセス開始から完了までの一連のプロセスを「1トランザクション」と言います。一連のプロセス完了までは、署名者が何人存在してもトランザクション数は「1」としてカウントされます。

1トランザクションのイメージ

※利用するユーザー単位でライセンスを購入する「ユーザーライセンス版」もあります。

DX(デジタルトランスフォーメーション)が進む中、電子的な書類管理は必須となります。 この機会に「Adobe Sign」による書類管理を考えてみてはいかがでしょうか?

お問い合わせ・ご相談はこちら