製品情報

製品情報

【IT導入補助金2021】オービックビジネスコンサルタント 奉行IT導入補助金

最大450万円のIT導入補助金を活用し「奉行」で業務の生産性を向上しませんか?

第四次締切 /  2021年11月中(予定)

対象事業者

日本国内で法人登記され、日本国内で事業を営む中小企業および小規模事業者

目的

  • 通常枠
    今後数年にわたり相次いで直面する制度変更などに対応する為、生産性の向上に資するITツール(ソフトウェア・サービス等)を導入する為の事業費など経費の一部を補助し生産性向上を図る。
  • 特別枠
    新型コロナウイルス感染症の流行が継続している中で、労働生産性の向上とともに感染リスクに配慮した対人接触の低減するような業務の非対面化に取り組む中小企業などのIT導入に対して優先的に支援する。

補助額・補助率

  • 補助下限額 30万円  補助上限額 450万円
  • 通常枠(A類型・B類型)の場合…購入金額の2分の1
  • 特別枠(C類型・D類型)の場合…購入金額の3分の1 ※低感染リスクビジネス枠

通常枠

種類 A類型 B類型
補助金申請額 30万~150万円未満 150万~450万円以下
補助率 1/2以内
プロセス数 1以上 4以上
ツール要件 類型ごとのプロセス要件を満たすものであり、労働生産性の向上に資するITツールであること。(当該要件はC・D類型においても前提条件)
賃上げ目標 - 必須

低感染リスクビジネス枠

種類 C類型-1 C類型-2 D類型
補助金申請額 30万~300万円未満 300万~450万円以下 30万~150万円以下
補助率 2/3以内
プロセス数 2以上
ツール要件 複数のプロセス間で情報連携し複数プロセスの非対面化や 業務の更なる効率化を可能とするもの テレワーク環境の整備に資するクラウド環境に対応し、複数プロセスの非対面化を可能とするもの
賃上げ目標 - 必須 -

※申請にはいくつかの要件がございます、お早目のお手続きを。

  1. ①SecurityAction宣言*
  2. ②gBizIDプライム取得*
  3. ③生産性向上報告書の提出(4年間)
  4. ④労働生産性向上要件
  5. ⑤賃上げ要件(B類型,C類型-2では必須)

*IPA 独立行政法人情報処理推進機構セキュリティセンターの行うセキュリティ宣言
*経済産業省の行う各種行政手続きに利用するID

広島情報シンフォニーでは、奉行製品導入の経験を活かし 補助金を活用した奉行シリーズ導入のご支援を致します。 お気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

OBCパートナーロゴ